top of page

審査員一覧

​judges

​審査員長

松本昌敏 .jpg

特別審査員

IMG_5220.jpg

松本昌敏 予選・本選審査員

15歳で初リサイタル、16歳でラフマニノフの協奏曲第2番を西宮交響楽団と共演。以来、国内外においてリサイタル・室内楽・協奏曲等出演多数。京都市立芸術大学音楽学部ピアノ科を首席卒業。パリ・エコールノルマル音楽院の演奏家ディプロム取得、満場一致・賞賛賞を併せて受賞。89年第8回飯塚新人音楽コンクールにて最年少でグランプリ獲得。92年イタリア・パルマでの第5回「マリオ・ザンフィ」リスト国際コンクール第2位入賞。他国内外コンクール受賞多数。様々なジャンルの作品のピアノアンサンブルへの編曲・演奏多数。現在、大阪音楽大学教授。

   

 

Adam Gyorgy(アダム・ジョージ) 本選審査員

現代屈指のクラッシックピアニストで、15年以上の国際的なキャリアを誇る。ニューヨークのカーネギーホールでの定期公演を始め、名立たる会場で演奏を行い、聴衆を魅了する。2005年にスタンウェイ アーティストコミュニティに招待され、その後、広範囲に渡りアジアでツアーを行う。2012年UEFA EUROの開会式にて3億人の視聴者に向けショパンの木枯らし(エチュード)の演奏を行う。ショパン国際ピアノコンクール(ブタペスト)総合優勝など数々のコンクール受賞歴を持ち、2020年ハンガリーで最高の音楽賞フランツ・リストを受賞。

http://adamgyorgy.com/en

エモアイ-フォト-スタジオ-ピアニスト-プロフィール-写真-撮影-pianist

松下愛美 予選・本選審査員 

大阪音楽大学器楽学科ピアノ専攻を優秀賞で卒業後、ドイツ国立ヴュルツブルク音楽大学大学院を首席で卒業後、国家演奏家資格を最高得点で取得。幼少より多数の国内コンクール受賞。

海外ではEuterpe国際コンクール(イタリア)、スタインウェイコンクール(ドイツ)など多数のコンクールで第1位または受賞歴を持つ。ヨーロッパ各地にてソロリサイタル、コンチェルトの演奏会を行う。

帰国後は関西を中心に精力的に演奏会に出演する他、FM OSAKAやラジオ関西などのラジオ番組に出演。演奏活動のみならずプライベートレッスンにも力をいれている。

公式HP:http://www.manamimatsuura.com

bottom of page